豊胸バッグの選択肢

胸

美容外科で行われる豊胸手術にもいくつかの種類があり、患者さんの希望によって選択できるようになっています。豊胸の種類としては、自分の脂肪を採取して胸に移植する脂肪注入、ヒアルロン酸を注入する方法、そして各種豊胸バッグを挿入する方法です。豊胸バッグの挿入は、バッグサイズが段階的に規定されているため、理想とするボリュームをしっかり反映させられます。また、バッグにも複数の種類があり、患者さんが選択できるようになっています。生理食塩水バッグをはじめ、定番のシリコンジェルバッグ、万一バッグが破損しても内部のシリコンが拡散しないよう改良された、コヒーシブシリコンバッグなどがあります。豊胸バッグの挿入は、とにかくボリュームを出したい方、そして永続的にそのボリュームを維持していきたい方に向いています。

脂肪注入とヒアルロン酸注入について

ビフォーアフター

脂肪注入による豊胸は、当然自身の細胞を使用するため拒否反応が起こる心配もなく、安全性や生着率の面では抜群の安心感があります。ボリュームアップできる範囲は限られ、大きく変化させるのには向いていません。ただ、自然な仕上がりを期待することができ、豊胸バッグと併用すればボリュームを出すことも可能です。ヒアルロン酸注入は、豊胸手術の種類の中でも一番手軽に受けられる施術です。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため持続性は限られますが、メスを入れることもないので体に負担はかかりません。手術に抵抗がある場合はここから始めてみるのも良いでしょう。

手術を受けるにあたっての留意点

胸

豊胸手術を受ければバストを美しくサイズアップできるため、どの種類も魅力的な手段となりますが、受ける際には留意しなければならないこともあります。脂肪注入に関して言えば、自分の体に使用できる脂肪がたくさんあるからと言って、いくらでもバストに注入できるわけではありません。過度な注入は胸にしこりを発生させる場合もあるので、医師の判断に従って適切な量を注入しましょう。豊胸バッグの挿入では、施術後一定期間補強バンドの装着を指示されることがありますが、その際にはしっかり従うことが大切です。

手術に臨む際の心構え

バスト

特にメスを使用する豊胸バッグの挿入では、術後患部に負担がかからないよう注意が求められます。切開部位は1週間程で抜糸となるため、それまでの間は湯船に入ることは控えましょう。また、激しい運動や重量のあるものを無理に持ったりしないよう心がけることも大切です。そして豊胸バッグを挿入する場合は、簡単にサイズ変更ができないため、術後後悔しないよう事前に医師としっかり話し合っておく必要があります。元々人の体は左右非対称であるため、施術の種類によらず豊胸後に左右で微妙なサイズ感の違いを感じることもあります。施術を受ける際には、そのことも念頭に入れて豊胸手術に臨み見ましょう。もちろん医師も美容施術のプロであり、可能な限りバランスの取れた美しいラインを形成してくれるので、過度に心配する必要はありません。